神戸マラソン開催日まであと少し! しっかりとした体調管理を行いましょう!!

第7回神戸マラソンスタート&神戸大橋の様子


プロ・ランニングコーチ、駅伝・マラソン解説者の金哲彦さんにお話を聞きました!

大会直前のランナーの悩み

大会まであと少し…
仕事であまり練習できていない…
どんなトレーニングをすればいいんだろう…
食事はどうすればいいんだろう…

金 哲彦さんからのアドバイス

金 哲彦さん
©株式会社ラントゥービー

通常、フルマラソンに向けた走り込みは3か月前からスタートします。
ただし、今年は夏が暑かったのでトレーニングスタートが出遅れたランナーも多かったのではないでしょうか。

レース1か月前は、質、量ともに最も激しいトレーニングを行う時期ですが、それまでの準備がもしできていない場合は、故障に気をつけながらゆっくり長い時間走り続けるLSD(ロングスローディスタンス)トレーニングがおすすめです。
最低でも2時間、できれば3時間以上、時間的余裕が十分にある休みの日などに行ってください。途中の給水も忘れないようにしましょう。
また、自信がない初心者の方は長時間のウォーキングでもオーケーです。まだ日にちはありますので、長時間動き続けるトレーニングを今のうちにやっておきましょう。

マラソンに必要なのは心技体のバランス。特に体の部分はトレーニングだけでなく、休養や食事も大切な要素になります。
ハードなトレーニングを実施した後の数日は、良質のタンパク質を十分にとってしっかりとした筋肉を作っていきましょう。また、お肉や魚などのタンパク質を食べる時には必ず野菜もとるようにしましょう。

大会前日に「KOBE STYLE HEALTHY LOADING PARTY」を開催します。
フルマラソン前日にやっておきたい食事やレース当日のコツなどをトークショー形式でお伝えしますので、ふるってご参加ください。
http://kobe-marathon.net/2018/news/detail_20180918_001.html

まとめ 1か月前の練習と食事

~1か月前の練習~
  • 練習をしてきたランナーは激しいトレーニングを行おう!
  • 練習ができていないランナーは、ゆっくり長い距離を走ろう!
~ 食 事 ~
  • 良質なタンパク質と野菜を摂取しよう!