大会テーマ Event Concept

感謝と友情 Thanks & Friendship

神戸マラソンは、「自分のために走ること」はもちろんですが、
それ以上に「人々のために走る」マラソンを目指しています。

その根底にあるのは、阪神・淡路大震災からの復興、そして現在にいたるまで「手を差し伸べていただいた国内外の人々や地域へ感謝の気持ち」を表明する大会にしたいという想いです。

創造的復興を果たした兵庫・神戸の姿や、震災の経験・教訓を世界中の被災者に提供していくという行動は、すべての人が「仲間」であり、 喜びも悲しみも分かち合うという考え方にもとづいています。
また、兵庫・神戸を訪れていただいた方にとって、最高のおもてなしに出会える大会にしたいという想いも、「仲間」という意識にもとづいています。

自分のためだけでなく、被災された国内外の人々のためにも走る大会へ。走るだけでなく、兵庫・神戸の魅力も楽しんでもらう大会へ。

そんな神戸マラソンのもつチカラをさらに大きなものにして、 国内外でたいへんな被害を受けている人々や地域へ「エールをおくる」マラソンにしたいと考えています。

キャッチフレーズ Catchphrase

「ありがとう」を、つぎの一歩へ。

神戸マラソン2017は、“「ありがとう」の42.195km”をキャッチフレーズに、
「感謝と友情」のテーマのもと、20,000人のランナーが神戸の街を駆け抜けます。
関わる人の数だけ生まれる「ありがとう」が、神戸マラソンの42.195kmをつなぎます。

スタートからフィニッシュまで、市民ランナーがトップランナーとともに、競技レベル、年代・性別を超えて、
一人一人のランナーが挑戦し続ける大会、参加するすべてのランナーのチャレンジを応援する大会を目指します。

テーマカラー Theme Color

神戸マラソン3色の大会テーマカラー

神戸マラソンには、3色の大会テーマカラーがあります。
神戸市旗の「緑」。
兵庫県旗の「セルリアンブルー」。
そして、日の丸の「紅」。
これらはそれぞれ、山・海・太陽を意味するカラーでもあり、
六甲山と瀬戸内海に囲まれた、自然豊かな神戸の姿を表しています。