感情と友情

神戸マラソンは、「自分のために走ること」はもちろんですが、
それ以上に「人々のために走る」マラソンを目指しています。

その根底にあるのは、阪神・淡路大震災からの復興、そして現在に至るまで
「手を差し伸べていただいた国内外の人々や地域への感謝の気持ち」を表明する大会にしたいという想いです。

創造的復興を果たした兵庫・神戸の姿や、震災の経験・教訓を世界中の被災者に伝えていくという行動は、
すべての人が「仲間」であり、喜びも悲しみも分かち合うという考え方にもとづいています。
また、兵庫・神戸を訪れていただいた方にとって、最高のおもてなしに出会える大会にしたいという想いも、
「仲間」という意識にもとづいています。

自分のためだけでなく、被災された国内外の人々のためにも走る大会へ。
走るだけでなく、兵庫・神戸の魅力を楽しんでもらう大会へ。

そんな神戸マラソンのもつチカラをさらに大きなものにして、
国内外でたいへんな被害を受けている人々や地域へ「エールをおくる」マラソンにしたいと考えています。

キャッチフレーズ


「感謝と友情」を大会テーマに始まった神戸マラソンは、これまでの9年間でランナーや
ボランティアをはじめとする大会をささえるすべての人で「ありがとう」を積み重ねてきました

今年で第10回大会を迎え、"「ありがとう」を、未来へつなごう。"をキャッチフレーズに、
2万人のランナーが、復興を遂げて新たなステージへと進む神戸の街を駆け抜けます。

スタートからフィニッシュまで、
市民ランナーがトップランナーとともに、競技レベル、年代を超えて、一人ひとりのランナーが挑戦し続ける大会、
参加するすべてのランナーのチャレンジを応援する大会を目指します。

  • Feel KOBE 神戸公式観光サイト
  • 東北・みやぎ復興マラソン
  • 熊本城マラソン
  • 仙台国際ハーフマラソン大会
  • RUN as ONE TOKYO MARATHON2022
  • ゴールドコーストマラソン

ご希望の方への郵送は行っていません。
インターネットからダウンロードしてください。

  • AIMS
  • JAAF
  • Marathson Challenge Cup
  • ABBOTT WORLD MARATHON MAJORS